福山市で女性支持率No.1の整体。駐車場7台あり。

寶珠堂 整体本部


「 冷えは万病の基 」

「 痛い時は温めるのが良いのか ? 冷やすのが良いのか ? 」

結論から言えば、
足・膝・肩・手等の捻挫・打撲・又ギックリ腰等、
「急性の疾患」は絶対冷やしてください。

痛めた日に風呂に入ったり、お酒を飲んだり又コタツに長時間入ったりして
熱を加えたりするのは絶対厳禁です。
痛みがなかなか取れません。
冷やして安静が第一です。

もし温めなさいと言う専門医が居たらそれは問題です。
何か月たっても痛みが取れない場合・慢性化する原因は、
最初の処置が間違っています。
世の常識と言うか、「痛い時は温める」という間違いで症状をこじらせて、
当院に来院される方の殆どはその傾向です。

まだ中に熱が籠っていますので「その部分」は冷やしてください。
ただし日にちが経って、症状が安定してきたら今度は温めてください。
 
ところで、身体の部分を痛めたときは、その部分は冷やさなければならないと言いました。
しかしそうでない普通の生活をしている時は、基本的には体温は温かいほうが良いのです。
それはなぜかと言うと、現代人はクーラーで冷やしたり、
運動不足等で基礎体温が下がる傾向にあって、
それに伴っての血行不良や免疫力も下がるのです。
 
人間の基礎体温は36・5ですが、体温が一度下がると免疫力が37%低下し、
基礎代謝は12%、体内酵素の働きは実に50%も低下し、
逆に体温が1度上がると免疫力は5倍になり、37度で体内酵素(3000種類)活性化するそうです。

癌なども36度以下に成ると活性化し、40度以上に成ると抑制され、
それ以上に成ると死滅するそうですよ。
熱に弱いんですね。

血行障害や低体温症がいかに恐ろしいか、お分かりいただけたでしょうか。

その原因は、不規則な生活や夏のクーラーによる冷え、
インスタント食品、運動不足、ストレスや睡眠不足、
栄養不足等が免疫力低下に繋がります・・・・・次回に続く

寶珠堂 整体本部のご案内

住      所:
〒720-0825
広島県福山市沖野上町3-8-26
アクセス:
福山駅より車で約10分
国立医療センター通りの太田病院近隣
お問い合わせ・ご予約
084-928-7107
受付時間:
平日
09:00~12:00
16:00~20:00

土曜日・祭日
09:00~12:00
休業日:
水曜日・日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ